So-net無料ブログ作成
検索選択

エリマキシギなど [印旛]

9月10日(日)

この日は、初めての場所に行ったが、

狙いが外れ、ボウズ同然だった。


夕方、残り約1時間、

ダメもとで地元のポイントへ・・・


今まで縁がなかったエリマキシギが・・・


ボウズは免れた。


sat00003806.jpg






















sat00003763.jpg






















sat00003764.jpg






















sat00003771.jpg






















sat00003776.jpg






















sat00003778.jpg






















sat00003781.jpg






















sat00003785.jpg






















sat00003787.jpg






















sat00003792.jpg






















sat00003795.jpg
































sat00003803.jpg






















sat00003807.jpg






















sat00003808.jpg






















sat00003809.jpg






















sat00003827.jpg




























nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

Simco

はじめまして。Simcoといいます。

私は北海道なのですが、8月に同じくエリマキシギを撮っていたので、興味深く拝見しました。
とても綺麗に撮られていますね!
そしてセイタカシギも一緒だったなんて羨ましいです。

私も一年半前から、腎臓がんの転移で治療しています。
鳥見や撮影は免疫力を高めてくれますね(^^)
これからも、鳥に癒されて病気に勝ちたいですね。

他のショットもとても綺麗です。
by Simco (2017-09-16 20:55) 

ひさ

Simcoさん、コメントありがとうございます。
鳥見や撮影は免疫力が高まるのですか?
私にはありがたい話です。
このブログは人に見せるためのものではなく、
自分が撮った写真を自分で見るために撮り貯めています。
病気が再発したときに、病床で自分の写真を見るためです。
再発したら、おそらく、もう撮れないので・・・
鳥撮りの始まりは、抗がん剤で免疫が下がり、
人混みを避けながら、運動(歩く)をしていたのですが、
そのうち、身近にオシドリやカワセミがいることに気が付き、
どうせ歩くのなら、写真を撮りながらと・・・

初期のころに撮影したオオワシやタンチョウは、
主治医に相談して、抗がん剤投与中に命がけで
あこがれの北海道へ行きました。
38度の発熱が出たら、24時間以内に病院に戻るという
条件付きで、
いろいろトラブルもありましたが、何とか撮れました。

再び、冬の北海道に撮影に行きたいのですが、
今は、社会復帰していて仕事があるので行けません。

でも、チャンスがあれば・・・

鳥撮りをしていると、いやなことや痛みを忘れて
集中できることが良いですね。

Simcoさんも相当辛いと思いますが、
いい写真を撮ってください。







by ひさ (2017-09-16 22:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。